いよいよ日曜日♪第5回「東北⇔関西ポジティブ生活文化交流祭」2014

いよいよ日曜日!!「東北⇔関西ポジティブ生活文化交流祭」@長居公園
東北で震災を体験された障がい者や子どもたち、その家族や支援者と大阪の僕らがお互いの生活や風土、環境、事情を大切にしながら、復興ではなく福祉も含めた、これからの東北や大阪の生活文化を一緒にどうやってつくっていきましょう・・・そのためにはいろんな人同士がまずはフラットにつながりましょう。というためのお祭りです。

<東北⇔関西出展ブース>
きっかり50団体が出展されます。
東北からは宮古・釜石・石巻・南三陸・福島の震災以降、一緒に歩んできた被災地障がい者センター。みなさんそれぞれに新たな歩みを始めています。その報告や地元のPRをされます。
また同じブースでは、ゆめ風基金が被災障がい者支援の活動を紹介しています。
大阪からは、地域で根付いた活動をしている障がい当事者や支援活動団体の模擬店やいろんな分野のみなさんも有志でいろんな食べ物をこの日のためにつくって出展されます。

豊能障害者労働センターさんによる被災障がい者支援チャリティ・バザーも開催。

<ステージ&ポジティブ大運動会>
今年も文化祭なのに運動会やります〜
昨年も大熱狂の渦のなかで行われた運動会を今年も決行します!!
おとなもこどもも熱狂する【玉入れ】やみんな本気になりすぎて、どうなることやらの【つなひき】。で、最後はみんなで輪になってノーサイドな【フォークダンス&盆踊り】。会場を訪れたいろんな人たちがフラットにつながればいいなと思いから生まれたのがこの運動会です。
そしてステージは、まいどいんあまがさきさんのパワフルなダンスで開幕し、お昼は僕らの歌姫でもある加納浩美さんの阪神淡路大震災から歌い継がれてきた「ラブ・パラシュート」をお届けします。
午後には熱さとユーモアを携えて、シャーシーバンドさんが登場。

<こども交流スペース>
今年も親子で遊べるアトラクションとして、ミニ地下鉄やポニーさんもやってくるふれあい動物園、ふわふわや親子ゲームコーナーやおもちゃつくり体験などが参加してくれます。
また、子ども情報研究センターさんによる「子どもの人権」を考えたり、こどもにかかわる活動と交流できるブースもございます。

<そのほか>
弁護士さんによる生活法律相談コーナーや手話サークル若草さんによる手話通訳も在駐しています。

<日時>
2014.11.23(日)11:00〜16:00 長居公園自由広場
アクセス:地下鉄「長居」
昨年来場者数:5000人
お問い合わせ:特定非営利活動法人 日常生活支援ネットワーク
TEL/FAX:06-6649-0455 メール:po-net★e-sora.net

また、前日(11/22)にはお隣の大阪市立長居障害者スポーツセンターにて、「BCP〜災害発生後の障害者支援事業」の発表会&グループワークも開催いたします。2014main.jpg