いざというときにわかってもらいにくいこと。

ようやくチラシがあがってきました2月24〜25日in應典院シンポジウム。
チラシの紹介も併せて、シンポジウム紹介第二弾

自分をマジョリティと思っていない人集まれ!!
「いざというときに、わかってもらいにくいこと。」
〜日常・生活・支援・つながり〜
<チラシ表>http://www.e-sora.net/party2/iza1.pdf
<チラシ裏>http://www.e-sora.net/party2/iza2.pdf

被災時に様々な制約がある人たちがいろいろな場面で苦しい体験をされました。
目に見えてわかりやすい制約もあれば、周囲にわかってもらいにくい、伝えにくい制約もあります。
これは被災時だけではありません。
日常、いろんなひとりひとりがいろんな制約を抱えて生活しています。
「みんなお互い違うんだ」をちょっと意識してみませんか?


<日時>2012年2月24日(金)18:30〜21:00
<会場>シアトリカル應典院
<定員>35名
<参加費>500円
<問い合わせ>
日常生活支援ネットワーク:TEL・FAX 06-4396-9189 
メールpo-net@e-sora.net

普段からの生活のなかで、誰しもが人にはわかりずらい制約や事情というものを持っています。
マイノリティという言葉はある特定の人を指すのではなく、その場面局面では私たちは少数派でもあり、不都合な立場にも為りえます。
これらのことが特に災害等の非常時にはより顕著に現れます。
人は誰しもというところから、みなさんが日頃感じておられる「いざというときにわかってもらいにくいこと」をお互いに聞いたり、話すこと。ここから感じられることを大切にしていきたいです・・みなさんのご来場をお待ちしております。

<運営>東北⇔関西 被災障害者支援ゆめ風基金実行委員会
      大阪ボランティア協会
      大阪市ボランティア情報センター
      應典院
<助成>独立行政法人福祉医療機構「社会福祉振興助成事業」
<主催>特定非営利活動法人 日常生活支援ネットワーク