第8回ポジティブ生活文化祭

第8回「 東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」

"いろんな つながりをつくる!"

東北のこともまだまだ応援していく。九州にも足を運ぶ。いつでも僕らはどこかで誰かとつながることができる!!

今年のテーマは“いろんな つながりをつくる!”
昨年に発生した熊本地震。今年に入っても関西からも多くのみなさんが応援に行っています。そして、これまでも東北を“応援!”してきたみなさん。東北で頑張っているみなさん。
東日本大震災以降、僕らは主に被災された障害者やその家族、障害者の生活にかかわる人たちとかかわってきました。このかかわりは被災地との循環だけではなく、被災地支援で出会った全国の人たちがいるし、普段は障害者の生活とはかかわりないが、何かのご縁で被災障害者支援を一緒にしてくれた人たちもいます。
いざというときに、いろんなひととつながりがあることの心強さ。
年に1回でもそのことを確認する「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」。これまでもそうですし、そしてこれからも。

2011年から引き続き、8回目となりますが「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」として今年も開催いたします。
それぞれの「東北⇔関西そして⇔九州」への思いや活動を70以上の団体・ユニット・個人が活動分野や地域、世代〜支援者・当事者を超えた“双方向”なつながりから発信・表現します。
メインスペースの多彩なゲストによるライブやメッセージと4つのプログラムを通じて、来場されたみなさんと“双方向”にいろんな交流をしていくお祭りです。

このおまつりでの収益やみなさまからの募金をゆめ風基金を通じ、東北被災障害者支援に使わせていただきます。

ゆめ風基金は阪神・淡路大震災を機に発足しました。 「ほんとうに必要なところへ確実にしっかり届けたい」をモットーに日本国内外問わず、自然災害を受けた障がいのある市民の救援や活動の支援に取り組んでおります。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。